ロマンはどこだ

ビジネスや社会のフレームを考えるのが好きですが、きっとそういう話は一切書かずに、ふざけたことばかり言っているのだと思います。

ヒアカムズザヤンキー

「てかさあ、なんでお前が社長やったん?」 同郷のヤンキーがタバコをふかせながら、どうでも良さそうに聞いてくる。ダブダブのジーンズ、カマキリのようなメガネ、両手にギラつく金銀の指輪。こいつだけはいつ会っても変わらない。普段から連絡を取るほどの…

続・インドで僕も考えた

「そうだ、インドに行こう。」 思い立ったのはいつだったか忘れてしまったが、東南アジアを制覇し、その他のアジアのマイナー都市にも顔を出すようになり、4月からヨーロッパに行ってしまうことを考えると、今しかないという思いが確かにあったことは覚えて…

家賃とランチにこそお金をかけようじゃないか

「固定費を減らしたい」「貯金をしたい」 よくそんな話を耳にする。 かく言う自分も昔はそう思っていた。 アルバイトやサラリーマンは、月に稼げる給与が決まっている以上、手元にお金を残すためには支出を減らしていくしかない。 死語になったと聞いて久し…

それでも僕はついていると思う

最近チョンボが多い。 色々と考えることが増えてきたせいなのかもしれない。 サラリーマンだった頃は自由な時間がほとんどなかった代わりに、考えることもそれほど多くなかったが、今は全く逆の生活。自由な時間が腐るほどある分、考えることもそれなりに腐…

小賢しくなりたくない

激動の一年であった。 年初に前の仕事を辞め、2回目のニートを経験した後、再就職。その再就職先も来年には退職することを決め、株式会社を作った。既にキャッシュフローも順調に回り始めている。引っ越しは今年だけで2回、そして月1くらいは海外へ旅に出る…

自由と不自由の狭間で

ラオスの朝は早い。 托鉢 -お坊さんにご飯をもらっていただく行為 - を行うためだ。人々は毎朝、道端に腰をおろし、お坊さんが前を通るたびに、彼らが肩からかけている釜のような容器に、お米を一つまみ入れる。一人通ってはつまみ、また一人通ってはつまみ…

2つの職場を辞めて見えてきた理想の職場

2年で2回仕事を辞め、海外をフラフラした後に3つ目の職場で働き始めた今、ようやく「こういう感じで生きていけばいいのか」というのが見えてきた。 今が100%理想の環境であるのかどうかは分からないが、間違いなく状況は改善され、正しいレールに乗った感は…